献立と家族の健康の悩みに「栄養士のレシピ」がおすすめな理由とは?

 

離乳食や好き嫌い・体調など、家族に合わせた献立作りって大変ですよね。

今は、レシピサイトやアプリ・本などもたくさんあって便利です。

でも、悩むたびにサイトの検索をしても「情報がありすぎて何が正解かわからない」というお話もよく聞きます。

そんなときにおすすめなのが、食に関する経験と工夫が魅力の「栄養士のレシピ」です。

 

「栄養士のレシピ」は、献立や食の悩みを解決してくれるレシピ

「栄養士のレシピ」は、仕事で培われた知恵と経験がぎっしり詰まった贅沢レシピです!

新しいレシピだけでなく、さまざまな食のお悩みにも役立つ内容になっています。

ここでは、そんな「栄養士のレシピ」をおすすめする理由を詳しくご紹介します。

 

経験がぎっしり詰まった「間違えのない」レシピ

「おいしそうなレシピをまねして作ったけど、イマイチだな・・・」と思ったことはないですか?

栄養士が発信するレシピは、経験が詰まったレシピなので失敗が少ないのが特徴です。

栄養士は仕事の中で、保育園や高齢者施設・社員食堂など、様々な方を対象に「おいしく食べて健康になるレシピ」を提供しています。

仕事の中で実際に評判がよかったレシピなので「間違えのないレシピ」なのです。

 

渡邊
渡邊

経験が詰まったレシピなら、安心して選べますね。

 

「身近で手軽な食材」で経済的!時短テクも盛りだくさん!

ご家庭で料理をするときに、重視していることは何でしょうか?

・安い

・おいしい

・栄養たっぷり

・簡単

・短時間(時短)調理

 

こんなキーワードが浮かんできます。

 

栄養士のレシピは、「身近で安価な食材でつくる時短レシピ」がとっても豊富にあります。

なぜ手軽なレシピを作れるかというと、栄養士のお仕事の内容がまさにこのキーワードを意識する必要があるからです。

 

栄養士は、仕事の中で常に次のことを求められています。

・決められた食材料費

・対象者に合わせてバランスの良い栄養

・残さずしっかり食べて栄養をとってもらうための、「食べたくなるおいしい献立」

・限られた時間の中で作る、時短テクニック

こんな難解なノルマを抱えて日々試行錯誤しているので、そこで得た知識やスキルがレシピにも活かされているのです。

 

「作りながら学べる」「悩みを解決する」「食べて健康になる」知恵が満載のレシピ

 

食事をつくるときに気になるのが、健康や食に関する好き嫌いなどのお悩みですよね?

栄養士のレシピは、作りながらそんなお悩みも解決してくれる知恵が満載です。

栄養士は「食べて健康になる」ことをいつも意識しているので、栄養の吸収を考えた食材の組み合わせや、調理法などの知識を豊富にもっています。

また、子どもの好き嫌いなどの「食の悩み」も、発育発達の過程や食材の味・食感などを意識して、根本的な原因から解決できる工夫がされています。

例えば、食の悩みで多くを占める項目に「子どもの野菜嫌い」があります。

子どもの「野菜嫌い」には、こんな理由があげられます。

子どもの「野菜嫌い」の理由

・本能的に苦手な「苦み」があるものが得意でない

・噛みにくいものが不得手である

・口の中でまとまりにくいと食べづらさを感じる

・「青臭い」香りのものが苦手

 

野菜の種類子どもの発育・発達などに合わせて、「苦手」な理由を取り除いたり、調理法や味付けで「嫌い」な部分を調整してあげれば・・・

あら不思議!お子さんも笑顔で食べられます。

 

「食べられた!」というお子さんの自信は、次の「食べてみよう」につながる大切な架け橋です。

栄養士のレシピは、そんな体験をご家庭で実感することができます。

渡邊
渡邊

作りながら悩みの解決や栄養や健康の知識が身についたら、嬉しいですよね!

 

健康を考えた献立1食分を見越した提案

家族には、「バランスよく」食べてほしいと思うものですが、栄養バランスを意識すると単品では済まないですよね。

一般的に紹介されているレシピは「単品」が多く、何を組み合わせたら「良いバランス」になるのかがわからない、というお話をよく耳にします。

栄養士のレシピは、健康やバランスを考えた提案がたくさんされています。

少ない品数でも栄養のバランスがとれる工夫が詰まったレシピも紹介されているので、組み合わせで悩む必要がなくなります。

「栄養士のレシピ」は、家族の健康を意識している方にもピッタリのレシピなのです。

 

「栄養士のレシピ」の具体的な魅力の中身とは?

たくさんのレシピがあふれる中、「栄養士のレシピ」の中身は他のレシピと何が違うのでしょう。

栄養士のレシピは、パッと見ただけでは他のレシピとそんなに変わりなく見えるかもしれません。

でも実は、食材の組み合わせや調理方法など細かな所に栄養士の知恵がちりばめられています。

ここでは、「栄養士のレシピ」の具体的な魅力の中身をご紹介します。

 

栄養素を知り尽くした材料の使い方や調理法

栄養士は、食材の栄養についてのプロです。

そのため、栄養素を活かした食材の使い方をするのがとっても得意です。

食材に含まれる「栄養素」は、熱に弱い、油と一緒に取ると吸収UP、など様々な特徴があります。

栄養士のレシピは、そういった特徴を活かすことも考えられた「超効率的栄養吸収レシピ」でもあります。

 

健康に配慮した味付けや調理法

栄養士のレシピは、ヘルシー・野菜たっぷり・減塩など、健康でいるために日々気を付けたいことを意識したレシピになっています。

生活習慣病などの原因となる「食」の課題は、気になるけど毎日意識するのは難しいものですよね。

栄養士はそんなお悩みをたくさん受けているので、ご家庭で何を意識し、工夫したらいいのかという知恵も豊富です。

レシピの中には、無理せず・おいしく・油を減らして食べられる方法や、野菜の量を多く食べられるコツなど、ご家庭で取り入れやすい味付けや調理法がちりばめられています。

 

旬や彩がよく、見た目も栄養も大満足なレシピ

栄養士のレシピは、旬や彩をとても重視しした見た目もおいしいレシピがたくさんあります。

料理の彩りがよいと食欲がでる、作ってみたい、と思うものです。

見た目の彩りが良いことは、こんな大切な理由があります。

・彩り(見た目)はおいしさを感じる五感(みる・聞く・触る・味わう・嗅ぐ)の1つのため

・自然と栄養のバランスが良くなるため

 

食事は口から感じる味や食感のほか、目(見た目)や鼻(香り)、耳(音)など五感を使って食べるものなので、目で見て彩りが良いとことはおいしく食べる条件の1つです。

また、色と栄養素に密接な関わりがあります。

彩りを考えることは、食材や味が多様になり、結果的にバランスも良くなります。

例えば、野菜であれば色が濃い食材と薄い食材を組み合わせたり、全体的に茶色くならないように彩りを気を付けたりすることが大切です。

さらに、季節の旬食材は1番栄養が豊富な時期です。

その旬の食材を使うことで、季節を感じるだけでなく、身体に取り込む栄養も多くなります。

渡邊
渡邊

栄養士のレシピを活用すれば、見た目も食欲も栄養もUPする「欲張り献立」をご家庭で楽しむことができますね。

 

何を見ればいいの?「栄養士のレシピ」おすすめサイトをご紹介

数多くあるレシピサイトの中から、どのようにして良質な栄養士のレシピに出会えるのでしょうか?

探す時には、この3つのポイントチェックしてみてください。

・信頼できる

・幅広い情報で多様性がある

・見ているだけで楽しく、知識が充実している

今回は、たくさんあるレシピサイトの中からポイントを押さえたサイトをご紹介します。

cookpadの「公的機関の公式キッチン」

cookpadの公官庁・自治体が運営する「公的機関の公式キッチン」は、公的機関の保育園や学校給食に関わる栄養士等がレシピ投稿をしているサイトです。

実際に子どもたちに提供している、実績あり・栄養たっぷりの子どもが喜ぶおいしい献立がたくさん紹介されています。

そのほか、県の特産物などをつかった料理や郷土食なども、それぞれの地域で工夫をこらして紹介されていて、のぞくだけでもとっても楽しいこと間違え無し!

公的機関からの発信なので、信頼もあり、見やすいサイトです。

cookpadの「公的機関の公式キッチン」

 

ココロとカラダに効くレシピ「Bob&Angie」

Bob&Angieは、季節の特集テーマや「便秘」・「貧血予防」などお悩みごとの条件を使ったレシピの検索もできるサイトです。

レシピは管理栄養士さんが作っており、レシピの栄養価のほか、成分や料理についてのコメントなども載っているのでとても勉強になるレシピです。

サイト内には管理栄養士のコラムも掲載されています。

健康に興味がある、お悩みがある方におすすめの充実したサイトです。

「Bob&Angie」

 

フリーランスで活動する栄養士がご家庭で活用しやすい情報を発信!「ファミリーバランスサポーター(FBS)」

ファミリーバランスサポーター(FBS)は、管理栄養士・栄養士・調理師の有資格保持者が取得できる、㈱アイナロハの家事代行認定資格です。

知識とスキルを持ったフリーランスの栄養士等が、自分の経験や得意分野の知識・スキルを発揮して、料理代行を軸に全国で様々な活動をしています。

それぞれブログやInstagramなどを通して、レシピや食の情報なども発信しています。

今回はその中から、2名のファミリーバランスサポーターをご紹介します。

料理代行*Hachi’s Kitchen*大滝初美さん

「食卓においしい笑顔と食をお届け♪」を理念に、料理代行やオンラインの料理教室などの活動をされている管理栄養士さんです。

学校給食で栄養士として活躍されたほか、生活習慣病予防の栄養指導などもされ、幅広い知識を使って情報発信をされています。

最近は、ライフルートの食材配送「KARAfullレシピ」の献立を受け持ち、「タッキー’sレシピ」として大好評です。

「タッキー’sレシピ」は、色鮮やかで簡単においしくできる料理のコツが盛りだくさん!レシピ通りに作っていけば、おいしい食事ができるだけでなく、お料理の腕も栄養の知識もあがること間違え無しです。

ブログはこちら

Instagramはこちら

 

♫チアーズキッチン♫SATO 佐藤由起子さん

「おうちご飯で心と体を癒します!」を理念に、料理代行や出張料理教室などの活動をされている栄養士さんです。

保育所、発達障害児施設で栄養士をされていた経験をもち、離乳食や小さなお子さん向けのお料理が得意です!

簡単でおいしい晩酌のおつまみのレシピなども、どんどん情報を発信しています。

食材の栄養をしっかり活かしながら、おいしく作れるレシピは必見です!

ブログはこちら

Instagramはこちら

 

他にもたくさんのファミリーバランスサポーターがいますので、ご自分にあった方をぜひ見つけてみてくださいね。

 

まとめ

「栄養士のレシピ」は、各家庭のさまざまな食のお悩みを解決してくれます。

栄養士の経験や得意分野によって、レシピにも特徴があるので、まずはお好みの栄養士を探してみましょう!

栄養士のレシピから、普段のお料理に役立つコツも吸収することができます。

それでも日々忙しくて料理や献立を考えるのが大変なときは、「ファミリーバランスサポーター(FBS)」などの料理代行を利用するという選択肢もあります。

ご家庭の状況に合わせて作る、魅力たっぷりな栄養士の作り置き料理は、食べることでご家族の心も身体も元気になるだけではありません。

栄養士直伝のレシピがご自身のレパートリーとして増え、料理代行のサポートがない日にも活用することができます。

ご家庭に合わせ、食事を家族で楽しむことができる方法を選んでみてはいかがでしょうか。

 

=============

 

フルタイムの仕事に限界を感じている!

結婚・出産でやめてしまったけど、もう一度資格を活かしたい!

お客様に提案できる仕事をしていきたい!

などなど、と悩みを抱えているみなさん

 

FBSの公式LINEに登録してみてください!

今なら、料理の資格を活かすために使える、LINEで読める無料メルマガをプレゼント中です!

料理代行、キャリア、起業、収入、生き方のご相談なども受け付けていますよ!

☟のボタンでお友達追加してみてくださいね☆

パソコンの方は

こちらのQRコードを読み取っていただければ

お友達に追加できます。

色々なボタンをポチポチ押して楽しむのもおススメですよ~!

 

資格・スキルアップ
ファミリーバランスサポーター
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました