食の資格だけじゃダメ?資格を仕事に活かす秘訣はこれ!

「食べること」って、生きていく中で欠かせないことであり、楽しみの1つですよね。

 

生活に密着した「食や料理」に関心が高いひとの中には、

 

「料理の資格を取ってみたい」

 

「持っている資格を活かして、仕事にしていきたい」

 

と考えている方も多いです。

 

今回は、料理に関心の高い人向けの資格について紹介していきます。

 

料理系資格の種類

食や料理に関する資格には、国家資格から民間資格まで数多く資格があります。

それぞれの違いについて、みていきしょう。

 

料理に関する「国家資格」

 

国家資格は簡単にいうと、ある特定の分野に関して知識や技術が一定水準以上に達していることを国が認める資格のことです。

国家が認める資格というだけあり、取得までの難易度と共に信頼度が高いです。

 

食や料理関係の国家資格には、こんなものがあります。

  • 栄養士
  • 調理師専門調理師
  • 調理技能士
  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生責任者

1度は耳にしたことがある資格の名称が、多いですよね!

料理に関する「民間資格」

民間資格は、企業や一般の団体が独自に認定をする資格のことです 。

民間資格には、こんなものがあります。

  • フードコーディネーター
  • フードスペシャリスト
  • フードアナリスト
  • 食品フードスペシャリスト
  • パンシェルジュなど…

 

民間の資格は、即戦力になるというよりも実際に仕事にしているスキルアップや趣味や楽しみに使えるものといった位置づけのものが多いです。

 

仕事として使える資格は?

 

料理の資格を取って「料理を仕事にしていきたい!」と考えたときに大切なのは、その資格が仕事に活かせるかどうかです。

 

本格的に仕事として考えるならば、調理師や管理栄養士といった国家資格が強いです。

 

国が認めている資格で、実務経験も必須としていることからも即戦力として学んだことを活かすことができる資格です。 

 

特に仕事に直結しやすい、国家資格を目指してみるのがおすすめです。

 

民間資格を仕事にするには?

国家資格が有利とは分かっていても、学費や時間の関係で何年も勉強に費やせないこともありますよね。

 

そんなときは、民間資格に実務経験を合わせるあなたの技術の信頼度を高めることができます。

 

例えば、「実務経験のない栄養士」と「実務経験が10年あるフードコーディネーター」で

即戦力になるのは後者ですよね。

 

国家資格の取得が難しいのであれば、実務経験があなたの強みになります。

 

資格以外に起業に必要なこと

料理を仕事にしていくとき、必要になってくるのは実務経験と「起業に関する知識」です。

 

契約に関することトラブル回避のために準備しなければならないこなど、仕事としての仕組みづくりが必要になってきます

 

実際に自分で一から組み立てると、膨大な勉強量と時間が必要になります。

 

本気で料理を仕事にしていきたいと思うのであれば、現実に料理を仕事としている人から学んでしまうのが1番早く、効果があります。 

まとめ

料理は、人を幸せにする力があります。

普段の生活でしていること・好きなことや得意なことを活かして誰に役立てながら、自分や家族の生活も豊かにしていけたら幸せですよね。

料理の資格を活かしながら、あなたのさらなる強みに変えられるように勉強するのもおすすめです。

あなたは、すでに手にしているスキルや経験をどのように活かしたいですか? 

 

 

 

=============

 

フルタイムの仕事に限界を感じている!

結婚・出産でやめてしまったけど、もう一度資格を活かしたい!

お客様に提案できる仕事をしていきたい!

などなど、と悩みを抱えているみなさん

 

FBSの公式LINEに登録してみてください!

今なら、料理の資格を活かすために使える、LINEで読める無料メルマガをプレゼント中です!

料理代行、キャリア、起業、収入、生き方のご相談なども受け付けていますよ!

☟のボタンでお友達追加してみてくださいね☆

パソコンの方は

こちらのQRコードを読み取っていただければ

お友達に追加できます。

色々なボタンをポチポチ押して楽しむのもおススメですよ~!

 

資格・スキルアップ
ファミリーバランスサポーター
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました