あなたのSNS発信は大丈夫?プライバシートラブルを防ぐ方法

起業をして仕事をする上で、自分の存在や仕事内容を認知してもらう必要があります。

そのうえで、必要不可欠なのがSNSでの情報発信です。

渡邊
渡邊

今回は、SNS発信とプライバシーのトラブルについて気を付けることをご紹介します。

個人情報とプライバシーって?

個人情報とプライバシーの違いって、説明するのが難しいですね。

それぞれを分かりやすく分類すると、こうなります。

個人情報は、「生きている人間の個人特定ができてしまうもの」のこと

個人情報は、「個人特定ができてしまうもの」のことです。

例えば、マイナンバー住所・電話番号・名前などが当てはまります。

これは、法律によって保護されているものなので、1つでも漏れるようなことがあると罰せられてしまいます。(あなたが法人でも個人事業主でも)

ご家庭に入り込む料理代行のお仕事で、気を付けたいことがもう1つあります。

それが、『プライバシー』です。

代行での『プライバシー』とは、家の中の様子のこと

代行業でのプライバシーとは、家の中の様子と言い表せます。

例えば、こんな内容です。

・○○さまのお宅は、いっつも散らかっている!

・××さま宅は、冷蔵庫一面ビールが詰まっている!(←うちじゃないですよw)

などなど。

 

あとは、こんなことも!

・○○さま宅は、広くていつも綺麗にされていて、本当に素敵!

・××さまは、お子様にバイオリンを習わせていらっしゃる!

などなど。

 

最初の例は、なんとなく予想はついたかと思いますが、

下の例はいかがでしょうか?

 

一見ほめていることだったり、けなしているわけではないことから、トラブルにはならない印象ですがこれも、NG!です。

では、どういった線引きで個人情報とプライバシーを扱っていけばいいのでしょうか?

 

情報公開の可否は、お客様が判断するもの

 

個人情報もプライバシーにも同じことが言えるのですが、まず第一に「言われた人が嫌ならアウト」です。

これは法律に違反していなくても、料理代行というサービスで考えるとアウトなんです。

 

つまり、お客様が不快と感じるか否かが判断基準になります。

 

そしてもう1つ、「聞いた人がどう感じるか?」も大切な視点です。

 

聞いた方が、そんなに素敵なお家があるのね~。くらいに思ってくれたらいいですが

「え、料理代行頼むといろんなことを他人に話されちゃうの?」

と思ってしまわれたらどうでしょう?

 

「家事代行や料理代行そのものへのイメージ」も、悪くなってしまいます。

 

個人情報やプライバシーは、発信した方からは良し悪しの判断ができないものである」ということです。

 

つまり、「代行サービスで得た情報で、公開できる情報はない」と考えることが大事なのです。

SNS等で発信したい!そんな時はどうする?

自分のサービスを宣伝するとき、お客様のことを載せたら真実味がありますよね。

発信している人もいますから、自分もと考えるのは同然の流れです。

SNS発信を考えるなら、安全で確実な方法で行いましょう。

SNS発信時は、必ず「お客様の許可を得る」

SNS等への情報発信は、お客様の許可を得てから掲載するのが必須です。

許可をいただくときは、

  • どんなことに(目的)
  • どこで(発信する場所)
  • いつからいつまで(期間)

 

を含めて、許可を得ておくとGOOD!

お互いに安心できる方法を、明確に提示して進めていきましょう。

まとめ

代行サービスは、お客様宅に入っていく仕事形態です。

その為、個人情報に加えてプライバシー情報にも気を付ける必要があります。

個人情報やプライバシー情報については、築き上げてきた信頼関係を一瞬で失う可能性をはらんでいます。

重大な事項であることを、心しておきたいものですね。

=============

 

フルタイムの仕事に限界を感じている!

結婚・出産でやめてしまったけど、もう一度資格を活かしたい!

お客様に提案できる仕事をしていきたい!

などなど、と悩みを抱えているみなさん

 

FBSの公式LINEに登録してみてください!

今なら、料理の資格を活かすために使える、LINEで読める無料メルマガをプレゼント中です!

料理代行、キャリア、起業、収入、生き方のご相談なども受け付けていますよ!

☟のボタンでお友達追加してみてくださいね☆

パソコンの方は

こちらのQRコードを読み取っていただければ

お友達に追加できます。

色々なボタンをポチポチ押して楽しむのもおススメですよ~!

 

フリーランスの働き方
ファミリーバランスサポーター
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました