フリーランスの確定申告について

確定申告の画像

 

渡邊
渡邊

こんにちは!

 

今年FBSとして活動を始めたので、初めて確定申告をするんですが、右も左もわからなくって…

 

渡邊
渡邊

そうですよね。今まで会社に勤務していた場合は確定申告はしないで済んでいましたよね。

では、今日は確定申告のことをお話ししてみましょう☆

 

確定申告ってなぁに?

通常、法人などに雇われる形で働いている方は、ほとんどが「月々の給与」をもらって働いていると思います。

そしてその給与は、所属している会社によって税金の計算などをしてくれている状態で手渡されています。

ところが、フリーランスではそれをしてくれる人・システムが存在しないので自分でしなければいけません。

ざっくりいうと、それこそが「確定申告」となります。

 

ですので、

 

「払うべき税金・払いすぎた税金の計算」を確定申告によって実行する!ということになります!

 

確定申告はどうやるの?

確定申告は、毎年1月1日~12月31日までの売上と経費などを

翌年の2月16日~3月15日までに各税務署に直接提出するか、インターネット上での申告で行うことになっています。

インターネットを使用した確定申告は、コチラ👉https://www.e-tax.nta.go.jp/kojin.html

 

現在は、インターネットを使用した申告が推奨されていて、申告の種類によってはインターネット申告するだけで、税金を引いて(控除して)もらえるものもあるので、

是非インターネットを使用したほうがお得ですね!

 

確定申告で得するの?損するの?

 

税金払いたくない!と誰もが思うところですよね。

「だから売上は報告しないでおこうww」というのは、脱税になってしまうのでもちろんだめですね!

 

「確定申告」は、実は払いすぎた税金を還してもらうという側面の方が強くあります。

特に、企業に勤めていたところからフリーランスに転身した初めての年の場合は、

収入が減っている可能性があるので、「払いすぎた税金」が還ってくる可能性が高くなります。

 

また、確定申告では売上の他に、「経費」の計算もしてから申告をすることになっており、

その「経費」によって税金が多く支払われていたことがわかるとその分の税金を還してもらえる。ということになるのです。

 

もちろん、経費はなんでもいいというわけではありませんが、

あなたが事業において使っている・関わっているとわかるものであれば、申告ができるようになっています。

料理代行で経費として申請しやすいもの

・サービスに使用する調理器具や備品(エプロン・紙・除菌スプレー等々)

・試作品の為の食材

・携帯電話やインターネット契約料金・使用料金(事業として使用する割合によって金額はかわります)

・スキルアップのために行った勉強などの費用

などなど

実は思ったよりも経費として申告できるものは多いものです。

もちろん、「事業に使うもの」が大前提にはありますが、使用したものは必ず「領収書・レシート」で保管しておいてくださいね!

 

ですので、「無駄な税金は払いたくない!」と思うのであれば、確定申告をした方が断然良いのです☆

 

渡邊
渡邊

いかがでしたか?確定申告について、少しはイメージが付きましたか?

 

はい!ありがとうございます☆税金を還してもらうための申告絶対にやっておこうと思います!

 

渡邊
渡邊

そうですね、制度はうまく活用して、フリーランス生活を楽しみましょうね!

FBSでは、起業においてのフォローアップも充実させていますので、わからないことがあったら今後もどんどん質問してくださいね!

=============

 

フルタイムの仕事に限界を感じている!

結婚・出産でやめてしまったけど、もう一度資格を活かしたい!

お客様に提案できる仕事をしていきたい!

などなど、と悩みを抱えているみなさん

 

FBSの公式LINEに登録してみてください!

今なら、料理の資格を活かすために使える、LINEで読める無料メルマガをプレゼント中です!

料理代行、キャリア、起業、収入、生き方のご相談なども受け付けていますよ!

☟のボタンでお友達追加してみてくださいね☆

パソコンの方は

こちらのQRコードを読み取っていただければ

お友達に追加できます。

色々なボタンをポチポチ押して楽しむのもおススメですよ~!

 

フリーランスの働き方
ファミリーバランスサポーター
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました